メニュー

名古屋のカーセキュリティ専門店
キッズガレージのブログ

カーオーディオ・カーディテイリングもお任せください!

2009/07/12

タイヤの空気圧は大丈夫?エコドライブは適正なタイヤの空気圧から。

今回はエコドライブには欠かせない条件、
タイヤの空気圧が一目で分かる便利グッズのご紹介です。

日本自動車工業会の調べによると
タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cm2)不足した場合、
市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化するそうです。
また、安全運転のためにも定期的な点検は欠かせません。

最近のタイヤは高性能なので、少しずつエアーが抜けます。
その為、釘などが刺さったまま乗り続け高速回転したときに釘が遠心力で抜け、
一気にエアーが抜けるとショックバーストを起こす可能性があり非常に危険です。
また、エアーが抜けた状態のまま走行すると、ハンドルをとられてしまい事故の危険性もあります。
何よりもタイヤの側面を傷めて修理不能になってしまうと、
タイヤを買い換え無ければならなくなり余分な出費となってしまいます。

そんな時、走行中常に空気圧が分かり危険を知らせてくれたら便利だと思いませんか?
近年の高級車には国内外問わず空気圧が減るとメーター内の警告灯で異常を知らせる機能が備わっておりますが、細かな数値までは分かりません。

そんな機能も車両全体で見ると備わっているのは極わずかですし、
気付いた時にはすでにタイヤの痛みが進んでしまって結局交換しなければならない事もあります。

所がこれがあれば全ての問題は解決します。
その名もエアモニ。

すでに装着済みの写真からですが、これがモニター部分です。
P1060018


今回は付属のステーは使用せず汎用ステーを加工し取付けています。

P1060009


車両により付属のステーでは収まりが悪かったりするので、
加工しての取り付けも致します。

P1060014


センサーはエアキャップを取外し交換するだけです。

P1060026


キャップ上部にセンサーの電池が入っているのでこの様な形状になっています。

P1060027


今回取付けさせて頂いたお車です。
この車両は純正で空気圧警告機能が備わっていますが、
知らせてくれるのはかなり圧が減ってからになるので取り付けとなりました。
実際ランフラットタイヤでパンクをしていても外見上の変化が少ない為、
気付かず運転している人が多いはずです。

P1060028


発売当初から私も自分の車で使用してきましたが、これと言ったトラブルも無く
自信を持ってお勧め出来ます。

あなたもエアモニで面倒な空気圧管理から開放され、
エコドライブを楽しみませんか?

●キッズガレージホームページ
http://www.kidsgarage.jp/

●キッズガレージお問い合わせフォーム
※メールでのお見積もりも受付中。
http://www.kidsgarage.jp/postmail/index.html



リンク

QRコード

RSS