メニュー
ホーム > カーセキュリティ > セキュリティ商品一覧 > イモビライザー・イモビカッター対策パーツ

 

イモビライザーも盗難多発国ロシアから後付けパーツが販売されています。

 

純正イモビライザーの未装着の200系ハイエースやイモビカッター対策には

最適です。また純正イモビカッター対策専用パーツもセキュリティのオプションとして販売しております。

 

イモビカッターとは、純正イモビライザーを瞬時に無効化するツールで
最近のイモビ付車の盗難にはこのツールが使われている場合が

多いようです。

 

 

 

商品説明 

 

 

SATURN イモビライザー

 

 

イモビライザーの無い車やイモビカッター対策に追加でイモビライザーを増設できます。

 

非常に小さく薄い発信機でキーに付けておいても邪魔になりません。

 

本体も非常に小さく薄いので隠してインストールしやすく、小電力なので

バッテリーあがりの問題でセキュリティの取付出来ない車両にも

最適です。


隠し場所が少なくあっても狭くて取付出来ないバイクにも取付可能です。
その他12V作動の船舶・重機にも取付可能です。


販売価格:¥30,000 (税抜)

取付工賃:¥20,000~(税抜)


弊社デモカーにも装着済み・作動確認して頂けます。

 

 

 

 

 

イモビカッターキラー

 

 

イモビカッターの使用を出来なくするパーツです。


発信機等はありませんが、セキュリティの取付のオプションとして

おすすめします。

 

販売価格:¥31,500 (施工費・税込)


※あくまでもセキュリティーと同時施工の価格ですので
既存のセキュリティーに後付の場合は¥10,500UPです。

 

 

 

 

 

 

世界初!検知型イモビカッター妨害装置

「イモビカッターキラーRS200H」発売開始!

 

 

セキュリティとは別でイモビカッター対策に単独で作動する検知型イモビ

カッター妨害装置「イモビカッターキラーRS200H」が発売されました。

 

価格:25,000円 工賃10,000円~(税抜)
ホーン接続5,000円UP オプションLED追加可
※OBD II コネクタを装備したトヨタ車のみ取付可能です。


ショックセンサーやその他のセキュリティ機能が必要な方は
カーセキュリティ⇒コチラをご検討ください。

 

「イモビカッターキラーRS200H」の主な機能・特徴

・従来タイプとは違い、イモビカッターを検知し、無効化する世界初の機能。

・イモビカッターを検知すると車両ホーンを断続鳴動(*オプション接続)。

・OBD II コネクタを装備したすべてのトヨタ車に使用可能。

・OBD II 配線を切断しないのでメンテナンスサービスがスムーズ。

・イグニッションスイッチのON/OFFに連動したLEDランプを増設可能

(*オプション)。

・「常時監視」、「器具を検知したら妨害」、「器具を検知したら警報」

 

イモビライザー(Immobilizer)とは、専用キーに埋め込まれた暗号情報と車両側に

記録された暗号情報を電子的に照合するシステムです。

 

照合できた場合に限りエンジンが始動できるという仕組みで、現在では盗難防止装置

として多くの車両に搭載されています。


しかし、近年では、車両外部からOBD IIコネクタ (OBD:On-board diagnostics、

車両に搭載されたコンピュータが行う自己故障診断装置)を介して侵入し、

イモビライザーに記録されている専用キーの暗号情報とは異なる暗号情報を車両側に

登録し、エンジンの始動を可能にする「イモビカッター」と呼ばれる装置を使った

車両盗難事件が頻発しています。


特に、トヨタ自動車製の車両は、「イモビカッター」による被害を受けやすいとされ、

ハイエース、プリウス、セルシオ、ランドクルーザーなどは車両盗難件数上位

(警視庁データ)を占めておりその対策が求められていました。

  

 

  

 

取り付け事例

お気軽にご相談下さい

メールでの問い合わせ